未分類

収入証明書類


次にカードローン申込みに必要な書類のうち、収入証明書類について説明します。収入証明書類には色々なものがありますが、給与所得者つまりサラリーマンや公務員の場合は、源泉徴収票があります。ただこれは再発行できませんので、原本や写しがない方は、所得証明書あるいは課税証明書をお住まいの市町村役場で発行してもらいます。どちらもまだ間に合わない場合は直近の何か月分かの給与明細で代替することもあるようです。自営業者や個人事業主の場合は、市町村役場から発行される課税証明書あるいは住民税決定通知書、あるいは税務署から発行される納税証明書などが必要とされます。確定申告書の写しを指定するローン会社もあります。専業主婦でも利用可能なローンもありますが、その場合は配偶者の収入証明書類が必要になる場合がほとんどです。

これらの収入証明書類ですが、利用限度額によっては収入証明不要というローンもあります。他に借り入れがなく、希望するカードローンも限度額が低い場合などは、申込書などに任意で年収を記載することでOKな場合があります。最近はローン会社も顧客の利便性に配慮して手続きを簡単にしています。例えば借入限度額100万円未満なら収入証明書類不要というように、比較的大きな融資枠でも申し込みが簡単になっているのです。

未分類

身分を証明する書類


カードローン申込みに必要な書類のうち、身分を証明する書類について説明します。身分証明書類が必要な理由は、すでに述べた通り、まずは本人確認が必要だからであり、利用上限額に関わらず用意しなければなりません。本人確認書類不要で貸し付けるローン会社はないといっていいでしょう。

本人確認書類にはどのようなものがあるのでしょうか。一般に、本人確認書類によって住所、名前、そして顔写真を見て本人かどうかを確認します。本人でなければ持っているはずのない書類という建前なのです。種類としては、運転免許証、パスポート、健康保険証、印鑑証明書、住民票、住民基本台帳カード、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書などがあります。通常は運転免許証と健康保険証を使う場合が多いでしょう。場合によっては両方の提示を求められる場合があります。

確認の方法は、窓口での申し込みの場合は、窓口で実物を提示します。無人契約機では実物を確認用に提示し機械上でスキャンされます。インターネット上での申し込みの場合は、スマートフォンなどで写真を撮り、それを指定に基づきアップロードすることで確認ができます。このような方法で本人確認は高度に効率化されており、30分や1時間といった短時間で結果が分かり口座への振り込みも可能になっています。

未分類

カードローン申込みと必要書類


カードローン申し込みには様々な書類の提出が必要です。カードローン申込みはローン会社への借金の申し込みであり、借入を申し込んだ人間の返済能力を審査する必要があるからです。カードローンの借り入れに当たって、銀行系ローン会社、信販会社、消費者金融会社は、一般的に、不動産や動産などの担保の差し入れは要求されませんし、連帯保証人も不要とすることが一般的です。その代わりに、ローン会社が提携する保証会社が貸し倒れリスクを負います。その手数料は金利に上乗せされる場合もあれば、ローン会社が負担することもあります。個人ローンは、このような仕組みによって小口の資金を融資する仕組みであるため、何よりもローンを申し込む個人の返済能力の見極めが大切なのです。銀行系ローン会社が消費者金融会社を次々と買収し系列グループに加えたのは、個人の返済能力の見極めのノウハウを手に入れたかったからといわれています。

ではカードローンの申し込みに当たっては、どのような書類が必要とされるのでしょうか。銀行系、信販系、消費者金融系どちらにも共通するのが、身分証明書です。申し込みに来た人間の本人確認を徹底しないと、反社会勢力に貸し出してしまったり、自己破産者に貸し出してしまうといったミスが起きるからです。それから必要なのは、年収を証明する書類です。一定金額以下であれば不要とされる場合もありますが、一定の借入極度額を超えると年収証明書類が求められることが一般的です。