カードローンに必要な申込みに必要な書類

カードローンに必要な申込みに必要な書類について
未分類

収入証明書類


次にカードローン申込みに必要な書類のうち、収入証明書類について説明します。収入証明書類には色々なものがありますが、給与所得者つまりサラリーマンや公務員の場合は、源泉徴収票があります。ただこれは再発行できませんので、原本や写しがない方は、所得証明書あるいは課税証明書をお住まいの市町村役場で発行してもらいます。どちらもまだ間に合わない場合は直近の何か月分かの給与明細で代替することもあるようです。自営業者や個人事業主の場合は、市町村役場から発行される課税証明書あるいは住民税決定通知書、あるいは税務署から発行される納税証明書などが必要とされます。確定申告書の写しを指定するローン会社もあります。専業主婦でも利用可能なローンもありますが、その場合は配偶者の収入証明書類が必要になる場合がほとんどです。

これらの収入証明書類ですが、利用限度額によっては収入証明不要というローンもあります。他に借り入れがなく、希望するカードローンも限度額が低い場合などは、申込書などに任意で年収を記載することでOKな場合があります。最近はローン会社も顧客の利便性に配慮して手続きを簡単にしています。例えば借入限度額100万円未満なら収入証明書類不要というように、比較的大きな融資枠でも申し込みが簡単になっているのです。